結婚内祝いはいつまでにお返しするの?

ご入籍なされて、結婚祝いを頂いた時にどのような対応をすれば良いのかわかならいあなたに、一般的に言われている内祝いを返さなくてはいけない目安となる時期についてご案内いたします。

とにかく早くお礼の気持ちを伝えましょう

まずはじめに、この度はご結婚おめでとうございます。結婚されるにあたり準備も大変だったことでしょう。入籍の準備や結婚式をあげて一息つく間も無く、まだまだしなくてはいけないことがありますよ!

ここでは、結婚のお祝いを頂いた方にいつまでにお返しをしなくてはいけないのかご紹介いたします。

お返しの目安は1ヶ月以内

直接渡して頂いたのならば、面と向かって感謝の気持ちを伝えられますが、配送でご自宅に届いた場合には、できるだけその日か翌日までには直接お電話でお礼の気持ちを伝えましょう!
相手はもう届いたのかと気にかけていると思います。

その時、後日改めてお礼をさせて頂く旨を伝えればあなた自身の気持ちも楽になると思います。
何もせず時間が経てば経つほど焦ってしまい、深く考えずに適当な物をお返ししては悔やんでも悔やみきれません。

結婚という人生の中でも大切な節目ですから、あなたたちらしいお返しの品を選んだら遅くても1ヶ月以内には相手へお返ししましょう。

先方のご都合もありますが、目上の方にはできるだけ直接ご挨拶に伺えると良いですね。遠方の場合や都合がつかない場合には、お手紙に直接ご挨拶できないことを一言お詫びしておきましょう。

結婚式を行った場合

結婚式を行った場合はご祝儀を頂き、それに対して引き出物を用意するのでそれが「内祝い」ということになります。ただし、結婚式のご祝儀が予想以上に多かった方には改めて、先日の式のお礼という形でプラスのお品物を差し上げてはいかがでしょうか。

また、結婚式に参列してくれたけど別でもプレゼントを用意してくれた方にもきちんとお返ししてくださいね。

早いに越したことはないので、決して1ヶ月以上は間を空けないようにしましょう。

<関連記事>
引出物にオススメのアイテムから相場まで

内祝いにおすすめのアイテム