出産祝いの相場について

お友達や兄弟、職場の同僚に赤ちゃんが生まれた時、生まれてきた赤ちゃんと頑張ったママへ出産祝いを贈ってあげたいですよね。

ここでは、いざ出産祝いを贈る際に知っておきたい予算について解説していきます。

関係性が大きく影響する相場

出産祝いを贈る場合、相手の好みや必要なものがわかっているならば品物を選んで贈ることがほとんどではないでしょうか?また、気軽な関係性であればちょっとした物でも気持ちが伝わります。

現金にするのは、何をあげれば良いのか分からないという男性に多くみられますが、親族であったり、親兄弟など関係性が深いからこそ合理的な形で贈ることもあります。

金額によっては相手に気を遣わせてしまうことも考えられますので、以下一般的なケースになりますが参考にしていただけますと幸いです。

贈る相手別 出産祝いの目安

<友人>
一般的な相場は3,000円〜10,000円といわれています。ひとりでプレゼントする場合なら3,000円前後で良いかと思いますが、親友などの深い関係であれば5,000円くらいがちょうど良いのではないでしょうか?
また、グループで10,000円にするなどもおすすめです。

<兄弟>
身内の場合は相場が上がってきますが、あなたが学生であったり社会人になりたてならば、5,000円くらいで十分でしょう。あなたが立派な社会人ならば10,000〜30,000円は包んであげたいものです。

<いとこなどの親戚>
関係性にもよりますが、頻繁に会わない親戚ならば3,000〜5,000円、場合によっては親と一緒に少し多めの金額となるようにしてもらっても良いでしょう。
年に一度会うか会わないのならば、あげなくても問題はないかもしれません。

<職場の同僚>
職場の同僚に個人的にあげるのならば、2,000〜3,000円で良いかもしれませんが、職場の場合は会社の全員から、部内の有志でというようにまとめて差し上げるケースが多いので人数によっても大きく変わるでしょう。

<職場の上司>
いつもお世話になっている上司ならば5,000円前後は差し上げたいところですが、こちらも会社全体で差し上げるケースが多いと思います。

<ママ友>
こちらはお互いに出産を経験しているので必要なものがよくわかる間柄。お互いに気を遣わない金額が妥当なので1,000〜2,000円で十分です。
1,000円以下のお茶などでも良いかもしれませんが、これも関係性によってはもっと多めになるケースもあるかもしれません。

出産祝いを現金で差し上げる場合

おめでたいお祝い事ですので、必ず新札にしてください。
金額は「4」「9」など「死」や「苦」を連想させる数字はタブーです。あなたが良くても相手は気になると思っておいた方がよいでしょう。

現金だと気持ちがこもっていないのでは…、と不安に思う方もいることでしょう。現金ではなく百貨店やクレジット会社系(JCB)の商品券や使い勝手の良いamazonのギフト券に心のこもったお手紙を添えればあなたの気持ちは伝わると思います!
amazonのギフト件の場合、自宅で必要なものが簡単に購入できるので外出を控えている産後のママには最適です。

ギフトカタログも人気ですが、カタログ内に好みのものがないこともあることから、実際には現金や商品券などの方が喜ばれるかもしれません。

あなたがプレゼントとして何か「物」を差し上げたいと思っているのでしたら、こちらのページでどのようなものが贈り物として人気なのかをご紹介しています。

<関連記事>
出産祝いに迷ったら…

おすすめのベビーギフト